PDF: 構造化と性能の間をGolangで攻める技術(+WebWorker活用技術)

PDF: 構造化と性能の間をGolangで攻める技術(+WebWorker活用技術)

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 1,000

A5/119ページ こちらはPDFのみとなります。 Golangを選ぶからには信頼できる性能がほしい。 Golangで、性能を取りつつ構造化を図るとどの程度のコストがかかるのかを、実測して見極めて考える本。 Goルーチンを使い捨てにするとか、chanを戻り値にするとか、sync.Mutexを使うとか、Contextをリソース解放に使うとか、それらのコストを計測。 +WebWorkerでタスク並列化の有効性を検証する記事 Golang著者: 74th WebWorker著者: こばたく 目次、サンプルはこちら: https://j74th.com/events/techbookfest4/book_sample.pdf

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

A5/119ページ こちらはPDFのみとなります。 Golangを選ぶからには信頼できる性能がほしい。 Golangで、性能を取りつつ構造化を図るとどの程度のコストがかかるのかを、実測して見極めて考える本。 Goルーチンを使い捨てにするとか、chanを戻り値にするとか、sync.Mutexを使うとか、Contextをリソース解放に使うとか、それらのコストを計測。 +WebWorkerでタスク並列化の有効性を検証する記事 Golang著者: 74th WebWorker著者: こばたく 目次、サンプルはこちら: https://j74th.com/events/techbookfest4/book_sample.pdf