74th Books & Gadgets74th Books & Gadgets

ESP32 ミニ開発ボードキット / ESP32 Micro(¥1,200) [74th-025]

Physical (worldwide shipping)

BuyeePurchase via Buyee
Buyee is a third party service for shipping your items globally. Read More
  • Physical (direct)
    部品+PCB+ESP32モジュール
    Ships within 3 days
    1,200 JPY
  • Physical (direct)
    0.5mmピッチUSB Type-Cソケット実装済みオプション(同時購入してください)
    Ships within 3 days
    100 JPY
  • Physical (direct)
    CH340C使用ESP32Writer [74th-010]
    Ships within 3 days
    1 left in stock
    700 JPY
  • Physical (direct)
    完成品ボード受注生産のため、1週間ほどかかります)
    Ships within 3 days
    3,000 JPY
  • Physical (direct)
    ESP32Writer完成品(受注生産のため、1週間ほどかかります)
    Ships within 3 days
    1,500 JPY
  • Physical (direct)
    部品(ESP32モジュール以外)+PCB
    Ships within 3 days
    700 JPY

Physical (ship to Japan)

  • Physical (direct)
    部品+PCB+ESP32モジュール
    Ships within 3 days
    1,200 JPY
  • Physical (direct)
    0.5mmピッチUSB Type-Cソケット実装済みオプション(同時購入してください)
    Ships within 3 days
    100 JPY
  • Physical (direct)
    CH340C使用ESP32Writer [74th-010]
    Ships within 3 days
    1 left in stock
    700 JPY
  • Physical (direct)
    完成品ボード受注生産のため、1週間ほどかかります)
    Ships within 3 days
    3,000 JPY
  • Physical (direct)
    ESP32Writer完成品(受注生産のため、1週間ほどかかります)
    Ships within 3 days
    1,500 JPY
  • Physical (direct)
    部品(ESP32モジュール以外)+PCB
    Ships within 3 days
    700 JPY

ESP32-WROOM-32 を使った開発ボードです。 ESP32-S3/C3 の開発ボードを作っていましたが、時々 ESP32 でないと動かないライブラリがあったりしたので、旧来の ESP32 の開発ボードも欲しくなったため、作成しました。 特徴は以下の通りです。 ・ESP32-DevKitC 等と比べて全ピンがあるわけではないが、小さい ・ピンヘッダは ProMicro 互換の配置(ただしUSBの位置が異なる) ・10 ピンブレッドボードに挿しても、左右 1 ピン空いている ・ESP-Prog の USB シリアル変換のボックスピンヘッダを持つ ・USB Type-C を持つ ESP-Progを持っている場合、ESP-Prog のUSBシリアルの 1.27 mmボックスピンヘッダを使って書き込むことができます。 ESP32 はファームウェアの書き込みに USBシリアルが必要です。ESP-Prog のUSBシリアルのインターフェイスと互換の ESP-Writer も販売しています。 これはキットの販売です。使用にはご自身でのはんだ付けが必要です。 ESP32-S3/C3 開発ボードキットも出品しております ESP32-S3: https://74th.booth.pm/items/4179263 ESP32-C3: https://74th.booth.pm/items/4378573

ESP32-WROOM-32 を使った開発ボードです。 ESP32-S3/C3 の開発ボードを作っていましたが、時々 ESP32 でないと動かないライブラリがあったりしたので、旧来の ESP32 の開発ボードも欲しくなったため、作成しました。 特徴は以下の通りです。 ・ESP32-DevKitC 等と比べて全ピンがあるわけではないが、小さい ・ピンヘッダは ProMicro 互換の配置(ただしUSBの位置が異なる) ・10 ピンブレッドボードに挿しても、左右 1 ピン空いている ・ESP-Prog の USB シリアル変換のボックスピンヘッダを持つ ・USB Type-C を持つ ESP-Progを持っている場合、ESP-Prog のUSBシリアルの 1.27 mmボックスピンヘッダを使って書き込むことができます。 ESP32 はファームウェアの書き込みに USBシリアルが必要です。ESP-Prog のUSBシリアルのインターフェイスと互換の ESP-Writer も販売しています。 これはキットの販売です。使用にはご自身でのはんだ付けが必要です。 ESP32-S3/C3 開発ボードキットも出品しております ESP32-S3: https://74th.booth.pm/items/4179263 ESP32-C3: https://74th.booth.pm/items/4378573

なぜ、公式の ESP32-DevKitC を使わず、これを作ったのか

なぜ ESP-Prog を使わずESP-Writer を作ったのか

ドキュメント