74th Books & Gadgets74th Books & Gadgets

マイコンさんに知らないプロトコルを喋らせる技術[74th-B013]

Physical (worldwide shipping)

BuyeePurchase via Buyee
Buyee is a third party service for shipping your items globally. Read More
  • Physical (direct)
    紙書籍+PDF(送料200円)
    Ships within 3 days
    500 JPY

Physical (ship to Japan)/ Digital Download

  • Digital
    PDF
    500 JPY
  • Physical (direct)
    紙書籍+PDF(送料200円)
    Ships within 3 days
    500 JPY

フルカラー LED の WS2812 を制御するには、I2CやSPIといったマイコンが機能として持つプロトコルとは異なる 400ns の H/L の制御が必要となります。 それはマイコンの CPU だけで処理するには若干難しいです。 マイコンの機能をどのように使えば、この制御ができるのかを調査して調べて、実践した書籍になります。 以下の方法を、マイコンの機能の使い方や概念を解説して、実装につなげられるようにしています。 1. CPU をフル回転させる 2. DMA(Direct Memory Access)を利用する 3. SPI を利用する 4. Raspberry Pi Pico のプログラマブルIOを利用する 筆者は、組み込みを専門にしたプログラマではありませんが、この制御の部分に苦手意識がありました。この書籍の調査と実践を通して実際に制御できるようになったことを記しています。 Raspberry Pi PIcoのマイコン RP2040 には、特筆すべきプログラマブルIOという機能があります。 それは IO 専門のコプロセッサで 8 つのステートマシンを操ることができます。 プログラマブル IO を使うために必要な概念を解説し、実際に WS2812 を制御するコードを執筆しています。

フルカラー LED の WS2812 を制御するには、I2CやSPIといったマイコンが機能として持つプロトコルとは異なる 400ns の H/L の制御が必要となります。 それはマイコンの CPU だけで処理するには若干難しいです。 マイコンの機能をどのように使えば、この制御ができるのかを調査して調べて、実践した書籍になります。 以下の方法を、マイコンの機能の使い方や概念を解説して、実装につなげられるようにしています。 1. CPU をフル回転させる 2. DMA(Direct Memory Access)を利用する 3. SPI を利用する 4. Raspberry Pi Pico のプログラマブルIOを利用する 筆者は、組み込みを専門にしたプログラマではありませんが、この制御の部分に苦手意識がありました。この書籍の調査と実践を通して実際に制御できるようになったことを記しています。 Raspberry Pi PIcoのマイコン RP2040 には、特筆すべきプログラマブルIOという機能があります。 それは IO 専門のコプロセッサで 8 つのステートマシンを操ることができます。 プログラマブル IO を使うために必要な概念を解説し、実際に WS2812 を制御するコードを執筆しています。

目次

その他